2019年10月15日火曜日

救助艇の上架及び清掃(冬ごもり)

10月13日、色内艇庫にて、救助艇の上架及び清掃(冬ごもり)等を実施しました。


  朝礼の様子
点呼(出欠確認)

  艇庫周辺の清掃(ゴミ拾い)

ゴミ拾いの成果

  救助艇の清掃
まずは洗車機で大部分の汚れを落とします。
(高圧洗車機はパワフルでした。)

 洗車機で落とせない「フジツボ」や「海藻」は
スクレーパーやたわしでこすって落とします。

最後はやはり人力です。一心不乱に擦ります!

この手の作業は地味ですが、目に見える成果もあり、
団員達は、キレイにする喜びとともに
作業に没頭していきました。

団員による洗艇作業の様子(動画)

最後にシートをかけて完成!
お疲れ様でした!

【総括】
 先週に引き続き、今年度使用した船艇や資材を整備して、冬ごもりの態勢となりました。
 指導員や保護者の方々のご協力のお陰で一件の事故もなく、屋外の訓練活動を終える事が出来ました。
 本当にありがとうございました。

 今年度の残りの訓練は、水泳訓練がメインとなりますが、個々の目標を明らかにして、段階的に訓練を積み上げて行きたいと思います。









2019年10月12日土曜日

カヌー訓練、カヌー清掃(冬ごもり)

10月6日 築港エリアにて、カヌー訓練をしました。

 今年度最後の屋外訓練を実施しました。
10月なのに? とても暖かく、良い訓練日和となりました。

カヌー訓練の様子
教官にレクチャーを受ける団員達

それぞれの技量に応じた指導を受けます。

スラローム訓練(ブイを縫うように進みます。)
細かなカヌー操作が求められます。

動 画

団員によるカヌー漕艇(スラローム)

【総括】
 今年度最後の屋外訓練は天候にも恵まれ、来年に繋がる良い訓練となりました。
団員それぞれが目標をもって頑張ってきた成果が見て取れました。
 また、毎年の事でながら、団員達の成長の早さ、吸収力の高さに驚かされます。
来年は更に成長出来るように指導者も含め、安全第一で頑張って参ります。


訓練日和のハズが・・・

9月29日 築港エリアにて・・・集合し、解散しました。

予報にはなかった天候の急変、雨雲レーダー等の情報を基に現地にて決心し、
団長に敬礼の後、解散としました。

団長に渾身の敬礼をする団員達
【総括】
 保護者の皆様の温かいご配慮により、速やかに解散することが出来ました。
 天気予報が外れるのは秋のせいでしょうか?

基本動作、手旗、結索、カヌー訓練、短艇訓練

9月15日 築港エリアにて 基本動作、手旗、結索、
カヌー及び短艇訓練をしました。

天候に恵まれ、気温も上がり、訓練日和となりました。

朝 礼
 点呼及び服装点検

 準備体操
 基本動作
行進訓練
 訓練指示

 訓練準備
団員同士協力してカヌーを準備

カヌー訓練
 
短艇(ローボート)訓練
クラッチの装着訓練

短艇(ローボート)訓練の様子(動画)

基礎訓練

【資料】昨年度のローボート訓練の様子

【資料】2015年のカッター訓練の様子

【訓練総括】  本日は天候にも恵まれ、充実した訓練をすることができました。
特に前回できなかったカヌー訓練を実施し、団員それぞれの練度を確認し、課題を見つける事が出来ました。また、今年実施出来ていなかった短艇(ローボート)訓練を実施して来年度の訓練の足掛かりする事が出来ました。

基本動作、手旗、結索訓練

8月18日 築港エリアにて、手旗、結索を訓練しました。

晴天ではありましたが、波が高く、風もあり、残念ながら
カヌー訓練は実施することはできませんでした。
でも、嬉しいサプライズ⁈ 1名が体験入団として参加してくれました。


 基本動作の訓練
気を付け

手旗訓練(基礎訓練)
「1」を送信

「2」を送信

「3」を送信

動 画


救助艇による乗船規律の訓練
乗船規律を学ぶ団員達

【訓練総括】
 計画した全ての訓練は出来ませんでしたが、実施した訓練は少しずつではありますが、身についていると感じました。特に手旗とロープワークについては、海上自衛隊での宿泊研修で自衛官から教えて頂いたことが励みとなっているようです。
 団員それぞれが、誰にも頼らず、自分一人で完成させる喜びを知り、成長へと繋がったのだと思います。








2019年8月2日金曜日

北海道ジュニアカヌースプリント選手権大会に参加

7月21日 北海道ジュニアカヌースプリント選手権大会(白鳥湖(苫小牧))に
参加しました。


 他の訓練と重なり、参加した団員は2名のみでしたが、日頃の訓練成果を発揮し、
内1名が「小学校4年生以下OP100mの部」において、見事、第2位となり
ました。
 全道大会での第2位の成果は、団として快挙であり、新入団員にも良い刺激と
なりました。
 また、来年へ向け訓練に励み、更なる高みを目指したいと考えます。


2019年7月21日日曜日

海上自衛隊余市防備隊での宿泊研修

7月20日、21日 海上自衛隊余市防備隊での宿泊研修を実施しました。


●20日(訓練初日)
【研修開始式】
 
自衛官を前に団員達は緊張していました。

【手旗訓練】

基本となる「0~14」の手旗を訓練しました。

【結索訓練
ロープと格闘する団員達(年少者)
年少者に「もやい結び」は難しいようです。

【国旗降下】
国旗に対する敬礼
 【国旗掲揚】

【水泳訓練】
(本課目のみ海洋少年団指導者が担当)
準備体操
 ビート板を使用した訓練

●21日(訓練二日目)
【手旗訓練】
 
数字のほか、文字を送信する訓練をしました。
 
【ミサイル艇研修】
ミサイル艇について説明を受ける団員達

【結索訓練】
子供達には難しいロープ技術を
わかりやすく教えて頂きました。
年少者も「もやい結び」を体得しました!!

【研修修了証授与式】
写真入りの立派な修了証を頂きました。

【指導者としての訓練総括】
 毎年、本海上自衛隊での研修の成果をもって今年度の訓練練度の中間
点検としております。
 引き続き、課題としていた「手旗」と「結索」については、緩やかに
ですが、前進したと感じます。
 これは昨年度から練習を強化した成果であり、特に「手旗」については、
文章を送信、受信できるようになることを最終目標に更に発展させていき
たいと思います。
 また「基礎動作」は、昨年課題に挙げていた、シチュエーションに応じ
た動作と要領が少しずつではありますが、身についてきたと感じました。

【団員の訓練成果】
 団員個々のレベルは格段に進歩しています。特に訓練のメインであった
手旗、結索については、宿泊研修の特性を活かし、夕食後の自由時間を利用
して、苦手な科目の克服に努めるなどの取り組みを通じ、団員の自主性や
協調性、また、団員相互に助け合う姿勢や得意なものが不得手なものに教え、
共に課題を乗り越えていく様子を見て取ることができました。
 今後の成長に大いに期待したいと思います。



カヌー訓練及びBBQ

7月7日 築港エリアにて、カヌー訓練及びジンギスカンを実施しました。
天候にも恵まれ、絶好の訓練日和、ジンギスカン日和となりました。


訓練の様子(午前)
カヌー訓練の様子①


カヌー訓練の様子②

年少者(小学校1年)によるカヌー漕艇

カヌーで集合!

指導者による訓練総括

ジンギスカンの様子(午後)

 動画等で紹介させて頂きましたが、訓練の積み上げにより、5月に入団した
新入団員も一人でカヌーに乗る事が出来るまでに成長してきました。
 また、ジンギスカンにより、保護者と指導者、保護者同士の融和団結を図る
事が出来ました。